BLUEFARM OFFICIAL WEBSITE

NOUDOBURU

農ドブル

農家が作ったご馳走体験

農家の手づくり料理「農ドブル」で地域の魅力を発信
世界70億人のお客様をおもてなし

宮城県大崎市鳴子温泉の旅館と農家が連携し、湯治客に里山料理を振る舞うケータリングサービスです。
宮城県大崎市岩出山の農家と鳴子温泉の旅館とのコラボをブルーファームがプロデュース。地元の農家や生産者と商品開発やデザインを通して関わる中で“鳴子温泉を訪れた人を地元産の新鮮な食でもてなしたい!”との思いが生まれ、このプロジェクトはスタートしました。農家と訪れたゲストが交流し、顔の見える生産者が自ら育てた食材でつくる料理の「ここだけで」しか味わえない価値を温泉と共にゆっくり感じてもらいます。
自分たちを育んでくれた地域が未来に残すべき共通のビジョンを描く。そして、誰もが思い浮かべるご馳走ではないかもしれないけど、手づくりで精一杯調理した料理を食べてくれるゲストともそのビジョンを共有し、国内だけの継承ではなく海外にもリアルな和食の文化として発信出来る取り組みにしていきたいと思っています。

旅館を飛び出し、生産者のもとを訪れるデイイベント「ランチ農ドブル」も行っています。実際に食材が生産される現場で自ら収穫の体験をし、学ぶ機会もプロデュースしています。

ランチ農ドブルは、参加した子供たちにも毎回大人気です。食卓の上でしか見たことのない食材の生産現場を体験することで、おいしさを再発見。子供たちの食育も行っています。

鳴子温泉旅館でのディナー、農家でのランチ、農ドブルは、温泉旅館と農家の収益アップだけではなく、この場所でしか体験できないコンテンツを生み出し地域活性に繋げています。

FROM TOHOKU PRODUCTS

フロムトーホク

東北の技術を世界に発信

日本本土の北に位置する東北。道の奥「みちのく」と呼ばれる国の果て「東北」には、固有のモノづくりの文化が残っています。
自然の強い力に抑えられる雪深い時期があったり、かつては中央の都から遠く交通も不便な地域であったことから運ばれてくるモノも少なく、新しい文化を取り入れることが遅れ、独自の技術継承でモノづくりが行われてきました。
暮らしに用いられてきた品物の多くは郷土固有のもので、祖先から受け継いだ技で作られてきたのです。そして、容易に替えのモノが手に入らないことから実用に耐え得るよう、念入りに作り上げることを行ってきたために、その技は磨かれてきました。
それから時を経た現代の暮らしでは、外国から輸入されてきたモノなど大量生産された品物がどこでも手軽に買えるようになりました。しかし反面そのことは、国民的・地域的な特色あるものを乏しくもさせています。
フロムトーホクはそうした現代だからこそ、東北の技、郷土の素材を活かし、新たな価値を生み出す品物を日本だけではなく、世界に発信することで東北の固有な美しさを守っていきたいと考えています。

東北には、その自然環境ゆえに生み出されてきた固有のモノづくり文化があります。独自の技術継承で続いてきたその精神は、これからがより大事になっていくはずです。

暮らしに用いられてきた品物の多くは、その地域で入手できる自然の素材が活かされています。フロムトーホクの品物は、持続可能な自然との共生を考えながら作られています。

東北の地をアーカイブしていく。卓越した技術を持つ職人により新たな命を吹き込まれた”ここだけでしか”出会えない品物などは、記憶としてその地域を思い出に残すでしょう。

「思い立ったらブルーファーム」
湧き出るイノベーション、デザイン経営と循環可能なしくみづくりは
400を越える実績でサポートします。

東北の食を「作る」「食べる」「売る」「良くする」
と思い立ったら、ブルーファームがサポートを行います。
ワンロールで「土の中から口の中まで」、生産・加工・デザイン・販売、
さらには工芸・建築の領域にまで及び、全体を見つめるパートナーとして、
取り引きではない”取り組み”のプロジェクトとして力になります。