BLUEFARM OFFICIAL WEBSITE

道の駅での販売で響くパッケージ開発とそのブランドアイデンティティー開発

#Branding

これまで自社で生卵パックラベル制作を作ったり、商品アイテムによって印象が変わったりと総体としての「イメージ」の訴求力アップとアイテムの統合を目的としたブランドロゴの再設計の依頼があった。養鶏を営み、卵を使った商品の展開は平飼い養鶏の餌に注目し、アイコンに集約。パッケージの柄とシンボル両方に使い、イメージの統合が実現した。特に「たまごかりんとう」は百貨店や道の駅といったターゲットが違う商圏でも安定した売上結果を出している。

Year 2015年〜
Client 有限会社ふるさと地鶏の会(宮城県大崎市)
Title パッケージ開発のリニューアルから始めるリブランディング
Art Director 高橋雄一郎
Designer 高橋雄一郎
Producer 早坂正年
Url Webサイト

「思い立ったらブルーファーム」
湧き出るイノベーション、デザイン経営と循環可能なしくみづくりは
400を越える実績でサポートします。

東北の食を「作る」「食べる」「売る」「良くする」
と思い立ったら、ブルーファームがサポートを行います。
ワンロールで「土の中から口の中まで」、生産・加工・デザイン・販売、
さらには工芸・建築の領域にまで及び、全体を見つめるパートナーとして、
取り引きではない”取り組み”のプロジェクトとして力になります。